投稿者 : maya 投稿日時: 2017年1月26日 (54 ヒット)
お知らせ

アリルスルファターゼbの発症メカニズムの解明に向けて、基礎研究者と共同研究を進めており、同時に研究医などとも連携してさまざまな角度から治療法の開発に向けて進めて参りたいと思います。


投稿者 : maya 投稿日時: 2016年12月6日 (100 ヒット)
お知らせ

ホームページ メンテナンス中


投稿者 : maya 投稿日時: 2016年6月3日 (397 ヒット)
お知らせ

現在、日本ムコ多糖症患者家族の会のホームページが移管に伴い、キーワード等において検索できない状況にあります。 下記URLからお願いいたします。 日本ムコ多糖症患者家族の会 http://www.mps-japan.org/ 大変ご迷惑をお掛けいたしております。


投稿者 : maya 投稿日時: 2015年11月19日 (525 ヒット)
お知らせ

ムコ多糖症嵯燭糧症メカニズム解明に向けて現在基礎研究を行っております。従来の考え方とはまったく異なった仮説のもと基礎研究をしております。今後は、臨床医、研究医、薬学と連携して研究開発を進めていければと思います。


投稿者 : maya 投稿日時: 2014年6月16日 (1316 ヒット)
お知らせ

ムコ多糖症嵯親以モデルを用いて、ポリ硫酸ペントサンのムコ多糖症に対する治療の可能性が提唱されました。現在、岐阜大学が中心となって、研究開発準備を進めています。 有効性が提唱されたことからゆうと応援基金から研究費の助成を行いましたので、ご報告させて頂きます。 今後もライソゾーム病などの小児希少難病の先進的な治療法の研究開発にむけて活動していくことになります。 今後とも「ゆうと応援基金」へのご支援を賜りますようにお願い申し上げます。


(1) 2 3 4 ... 7 »